検索
  • 南乃さざん

失楽天掲載!「オシオキTITTY FUCK」

世間は例のウイルスのせいで海水浴など難しい状況にありますが、二次元の世界であればウイルスが流行ろうが冬だろうが真夏の海に旅立つことができます。二次元って最高ですね!



というわけで今月の失楽天に新作の漫画が掲載されました。タイトルで察せられる方もいるでしょうが、今回はパイズリメインとなるお話になります!いつか商業誌でパイズリ主体の漫画を掲載したい…そう前々から思っていたので、野望が一つ叶った事になります。まぁ…それに際して色々反省点もあるわけですがそれは後述するとして。



ヒロインの大谷結実(おおたに ゆみ)。名前の通り大きく実ったお乳が谷間を作っています。垂れ目がちでゆったりした雰囲気の彼女ですが…。


爆乳水着でポニテとかされたら勝てませんね、ええ。全面降伏です。こんな女の子と一夏を過ごしたいって欲望が直球で出てます。穏やかそうな彼女に優しくパイズリされるなんて恋人はなんて羨ましいんだ!とやっかみたくなりますが、その恋人がまぁ問題児。


主人公の浮竹忠司(うきたけ ただし)。今まで描いてきた竿役の中で一番低身長&童顔。でも結実と同い年の19歳。


忠司は彼女と海水浴に来てるくせに他の女性客に声をかけるダメ野郎。同人誌とかではこんな感じの誰にでも手を出すスケベ主人公を描いてたりしますが、商業誌では珍しいかも知れませんね。ナンパ現場を目撃した結実は、忠司をホテルに連行して「オシオキ」をすることに。果たして忠司が逃げ出したくなるような結実のオシオキとは…!?というのが今回の導入部ですね。もうネタバレもクソもないですが、オシオキの内容はパイズリです。タイトルに書いてあんだよなぁ…。



普段は描けないような特殊なパイズリも今回は挑戦。男がまんぐり返しみたいな状況でパイズリされるのは…羞恥と快感の波状攻撃でおかしくなりそう。


個人的にはパイズリを沢山描けて楽しかった半面、「構図が被らないようにしなきゃ…!」と考えるあまりノビノビと描き切れてない部分があると思ったり。似たような構図が続いても「これがヌキやすいんじゃ…!」と押し通すべき所もあったんじゃないかと、少々未練が残っています。ただでさえ一つの前戯に特化した内容なんて構図が限られてくるのに、乳と顔の位置がそこまで変更できないパイズリになると、脳死状態で描いたら途端に同じ絵面ばかりになっちゃいます。それは商業誌として編集側も気にするところですし、それを避けるのは定石なのですが…せっかく自分の好きなプレイで描かせてもらったんだから、もう少し我が儘になっても良かったかもしれません。


みっちみちに乳圧がかかった谷間にチンポ挿したまま…放置!

生殺しの極みだけど一度はされてみたい。


今回は浮気野郎の主人公をヒロインが一方的に責め続ける、って内容なので、ヒロインの性格もS寄りでございます。嗜虐性を露にするヒロインはあんまり描いた事がないので新鮮で楽しかったですが、もうちょっと言葉責めとか焦らし方とか勉強する必要があるとも思いました。胸の谷間にチンポ突っ込んだまま放置…という焦らしプレイシーンは、担当さんと何度かブラッシュアップしてあの形になりました。基本勢いに任せてエロ展開を進めるのが南乃・ストロング・スタイルなだけに、こういった細やかな攻防を描くとボロが出がち…。この辺の弱点も少しずつ補強していきたい所であります。その分描けるお話も増えるでしょうしね。


あとはやっぱり身長差カップルは描くのが難しい!しかも今回は男の方が小さいという。昔はグラブル系の同人誌で専らドラフヒロイン達を描いてましたが、それもちゃんと身長差描けてたかと考えると…ううん、と疑問符を浮かべてしまいます。

ヒロインが「主人公の泣き顔可愛い❤」という嗜好性の持ち主だから、ショタっぽい主人公にしようという超脊髄反射デザインでした。まぁ描いた事ないから描いてみようという理由もありましたが…上手く描けてるかどうかは未知数。そもそもパイズリメインなんで、映るのはヒロインのバストアップと男の股間ばかり。二人で抱き合ったりして身長差を表現する構図が少なくなってしまったという致命的な欠陥もあったんですよね。これじゃあ身長差設定も有って無いようなもんです。今思えば大の男がパイズリで泣かされる方が情けなくて可愛いかったかも…?身長差カップルを描くにしても、ちゃんとシチュやプレイと合わせて考えないと無駄設定に終わると学びました。


こうやって振り返ると「パイズリたくさん描けて楽しかったぜFOOOOOO!!!」っていうよりは「ここはもうちょっとやりようがあったな…」って部分がポコポコ出てきたという印象。一本の尖った武器で戦うのは良いですが、その分もっと考える所は増えるぞ、という教訓を得た一作でした。しばらくはパイズリ主体の話なんて同人誌とかでしか描かないでしょうが、もし再挑戦する時は今回の反省点を活かしてより良いパイズリ話を作りたいですね。






ここからは掲載漫画とは別件なのですが。

ツイッターではポツリポツリと言ってましたが、右腕の肘をどうも痛めてしまったようでして。これが今後の人生ずっと付きまとってきそうなタイプの症状みたいです。しばらく腕をなるべく使わずに安静にしていたおかげで、多少症状は和らぎましたが、今はサポーター無しでは絵を長時間描く事が難しいという状況。そのせいで予定していたスケジュールが大幅にズレ込むといった事態になってしまいました。

8月中にラストオリジンの同人誌も出すぜ!と思っていたのですが、こんな状態なもので発行はもう少し後になってしまいそうです。表紙絵を見て楽しみにして下さっていた皆様には申し訳ありませんが、作品をお届けできるまでもう少々お待ち頂きたく存じます。オンラインサインも、今年中に全部終わる事が出来れば良い方かもしれないですね…これこそ1年近くお待たせしてしまっているので、大変申し訳なく思っています。やっと100枚越えてラストスパート!って時だったのになぁ…。


とりあえず腕が爆発したら同人誌もサインもないので、無茶はしないように労わりつつ画業に勤しみます。筋トレして腰痛から解放されたと思ったら、今度は肘…人間の身体ってままならないもんですねぇ…。

447回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

​サイト内の漫画・イラスト等の無断転載を禁じます。

I wholly forbid the reproduction and manufacturing of my work without permission. 

  • さえずり
  • logo_icon_r